Deeper3D

Deeper3D チャップアップとの違い比較

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究により毛母細胞の再生医療が実現する時に薄毛は解決されることが見込まれています。

 

しかし現時点では、誰にでも絶対的に効果があり、かつ安価な治療薬や育毛剤は残念ながらまだありません。

 

現時点でアメリカ食品医薬局(FAD)に発毛作用が確認されている薬品はミノキシジル(外用薬)とフィナステリド(内服薬)の二種類のみです。
ミノキシジルは血管拡張作用により、またフィナステリドは男性ホルモンの作用を抑制することによる発毛効果があるとされています。

 

化学成分配合育毛剤の難しさ

しかしいずれも科学的に合成された成分であり強い副作用の恐れが報告されています。
とくにフィナステリドは「妊娠中の女性が触ることも危険である」と厚生労働省が注意を喚起しています。

 

それで育毛剤研究は、科学成分を用いず自然由来の成分によっていかに血管拡張作用と男性ホルモンの作用の抑制を促すことができるかという点に主眼を置いて開発されています。

 

楽天の育毛剤ランキングに登場する多くの育毛剤、例えばCHAP UP/チャップアップ(株式会社ソーシャルテック)もセンブリエキス(血流改善)と
ビワ葉エキス(男性ホルモン作用を抑制する成長因子の産生促進)を配合しています。

 

成長因子を産生促進か、成長因子そのものか?

 

近年さらに研究が進み毛母細胞の成長因子(女性ホルモンとしても扱われる)そのものを直接頭皮の毛母細胞に塗布するほうが効果的であることがわかってきました。

 

そこでカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社がムラサキツメクサから抽出し、取り入れやすい形にしたキャピキシル(CAPIXYL:自然由来の成長因子そのもの)を塗布するように配合して開発されたのが、「モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D」なのです。