Deeper3D

Deeper3D成長因子の効果

今でも春先に郊外に行くと、畑一面にアカツメクサ(ムラサキツメクサ)が咲いているのを見かけることがあります。シロツメクサとはまた少し違う趣がありますね。

 

さて、このマメ科のムラサキツメクサはヨーロッパ原産ですが、昔からこの草を多食した羊が不妊になるということが知られていました。

 

近年その理由が、この種に含まれる植物エストロゲン(女性ホルモン)にあること、またその成分が女性の更年期症状を抑えるのに役立つことがわかってきました。ということは、同じエストロゲンが関係する育毛にも効果があるのでは?ということになったのです。

 

そしてついに男性型脱毛症の治療薬フィナステリドと同じように、アカツメクサに含まれるビオカニンAが成長因子となり、(イソフラボンの一種)は、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す5αリダクターゼを抑制するということが分かったのです。

 

見出し フィナステリドのような副作用の心配は?
この成長因子を外部から直接とりいれる形にしたのがLUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された化粧品原料キャピキシル(CAPIXYL)です。

 

株式会社アルファウェイは育毛剤開発研究の中でCAPIXYL(キャピキシル)に出会いました。
そしてCAPIXYL(キャピキシル)を最善の形で配合したDeeper3Dは、副作用の恐れが強いゆえにフィナステリドを避けていた大勢の方々から、その効果に注目されるようになったのです。

 

使用1年の利用者の満足度90.3%そして継続使用の意志ありという方が全体の93.3%!はそのことを裏付けています。

 

見出し まずは手に取って自分の目で確認
でも、注文してしまう前に、アルファウェイモンゴ流シリーズを全国のデパート、東急ハンズやロフト、ヨドバシカメラで一度商品を自分の手で確認してから、お得なネットで注文するというのがおすすめです。